山形県天童市のボスコ.ホームです。自然の恵みで家計にやさしい家づくりをご提案させて頂きます。

山形の住宅はボスコホームへ 山形の住宅はボスコホームへ

中国料理 広東 様  (自社管理NO.t015)
存在感のある看板。皆さん一度は立ち止まります。
代々受け継がれている彫刻画、迫力あります。
美味しい料理と美味しいお酒を楽しめそうです。
金縁の装飾は「双喜吉祥」。裏に隠れているのはドリンクディスペンサーです。
30名収容の宴会席。彫刻画、照明、円形の壁掛けもリメイクして大事に使用しました。
中国料理を象徴させる堂々とした店構え。
拘りの陶器サーバーから何が出てくるのでしょう?
大切に修理した龍の照明、壁にある石画。先代の心と物が喜んでいるようです。
通路奥のランプも再利用し、中国の雰囲気を醸し出しています。
先代の会長の足跡も店内に装飾しました。

●所在地/〒990-2443 山形市南三番町6-15
●お問合せ/023-624-0395
●URL/https://kantonhonten.com/
受け継ぎ守る味と技
昭和29年創業の老舗。移転でのご紹介をいただいてから、石関社長と何度も何度も打ちわせを行い、その中でも、先代社長の中国料理への想いをお聞きした時は、身の引き締まる思いでした。現広東社長石関様の想いは、先代が残してくれた味と基本姿勢を守りお客様をにし、これまでに協力してくれた従業員さんも大切にしたい。そんな気持ちがお話の節々に感じとる事ができました。私達、ボスコ.が考えた事は、お店にある照明や装飾品、備品の大半を修復して、もう一度再使用を行いこれまでお店を支えてくださった常連のお客様や従業員の皆さんに、代々続いた歴史や思い出を大切に伝えて行くことでした。工事が進むにつれ生まれ変わって行く現場や、大切にしてきた備品も化粧直しを終えた姿をご覧いただき石関社長ご夫妻とは毎日が感動の連続でした。オープンが近づくにつれて、社長や従業員の皆さんの更なるやる気が伝わって来た時はお店の繁盛を確信しました。社長の人柄が好きで集まって下さるお客様との暖かな関係がとても心に残りました。末永いご発展を心よりご祈念申し上げます。

● 企画・設計/黒田祐史 ● 実施設計/三宅恵美子 ● 大工/村上拓郎・落合智也・今野一二三 ● 家具/中村小一 ●修復/竹内一浩


お客様の声
「★只今、執筆中です。」 
★只今、執筆中です。




写真集一覧へ